パザパコンティニュエ

ヨーロッパバックパッカー記、介護、英検、住宅などの備忘録

【スポンサーリンク】

12月6日放送「林修の今でしょ講座」で紹介していた正しいお風呂の入り方まとめ


12月6日放送「林修の今でしょ講座」でお風呂の正しい入り方を紹介していました。

お風呂好きとしては忘れてはいけないことが多かったので、備忘録として記載します。

1.お風呂で寝ると失神状態になり、溺死に繋がる

湯船に入りながらうたた寝をするのは、とても幸せな時間ですよね。
私自身も学生時代は毎日のように湯船で寝て、苦しくなって起きることを繰り返しておりました。

しかしこれが実は危険な行為らしいです。

湯船に入ると血圧は一気に下降するため、場合によっては一種の失神状態になっているらしいです。

これを防ぐための方法として紹介されていたのは、手だけ湯船から出して、風呂桶に貯めた冷たい水に浸けておくことです。

これにが血圧の急低下を防ぐことになるようです。

2.熱過ぎるお風呂は心筋梗塞の原因になる

人間の血液の中にある血小板は、42℃のお湯に10分間入っただけで形が変わり、血栓の原因になるようです。

私は熱いお風呂が大好きなのですが、あまり熱過ぎるのも良くないみたいです。

3.半身浴にダイエット効果は無い

半身浴は、全身を湯船に浸かるのと比べても消費カロリーが約半分くらいしかないとのこと。

半身浴で減っている体重は汗で出た水分だけであり、ダイエットにはならない。

お湯の熱で汗をかいているだけなので、体に蓄えられたカロリーは一切使われていないとのこと。

ずっと言われてきた半身浴最強説はなんだったんでしょうかね。水分は出てますのでデトックス効果までは否定されていませんが、、、

4.食べてすぐお風呂に入ってはいけない

食べ物を消化するには、胃腸に血液を集中させる必要があります。
食後すぐに入浴してしまうと、胃腸に集中した血液が、熱の刺激を受けた皮膚の表面に分散してしまい、食べ物の消化不良の原因となります。
お風呂は食事から30分以上空けるのが良いとのことです。

5.入浴前に緑茶でダイエット

お茶に含まれているカテキンには、脂肪吸収を抑える働きがあるのは有名ですが、入浴の前にカテキンを摂取すると、吸収効果が7倍になるらしいです。

7倍って凄いですね。

ダイエットだけではなく、カテキンはシミやシワなどの皮膚の老化の原因になる活性酸素を撃退してくれる働きもあります。

入浴前に飲むことで、強力なカテキンパワーを活用しましょう。

カテキン保有量が豊富な緑茶はこちらの記事でご紹介してますのでご参照ください。

kaigoeigo.hatenablog.com