読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パザパコンティニュエ

ヨーロッパバックパッカー記、介護、英検、住宅などの備忘録

【スポンサーリンク】

2016年の折りたたみ式電動スクーター注目ランキング(価格、公道走行可否、速度などまとめ)

2016年に入ってから折りたたみ式の電動スクーターが様々なメディアに取り上げられて注目を集めています。

まだまだ流行とまではいきませんが、今後ますます普及するであろうこの新しい乗り物「折りたたみ式電動スクーター」の中でも、特に注目を浴びている5つのオススメ商品を紹介します。

 

とにかく安く折りたたみ式電動スクーターに乗りたい人向き

  • 72,000円で購入可能
  • 最大速度20km/h 
  • 3.5時間の充電で25km走行可能 

 

 

機能性と価格のバランスが取れたユーティリティープレーヤー 

  • 坂道発進対応、パワーも4段階から選択可能
  • 127,000円で購入可能
  • 3.5時間の充電で35km走行可能

 

 

初期投資を抑えて本格的な公道向け電動スクーターに乗りたい人

f:id:ynkenaka:20160913080408j:plain

商品名:Scootman

ScootMan Foldable Telecom Escooterスクートマン | ANYYOUON LLC.

  • 初期投資は119,999円。その後毎月2,750円の月会費。
  • 5時間の充電で35km走行可能
  • 最初から公道仕様で作られているため、購入後そのまま公道で使える。

こちらの記事でも詳しく紹介しています。

kaigoeigo.hatenablog.com

 

限られた構内などで気軽に乗りたい人

f:id:ynkenaka:20160922164618j:plain

商品名:wheela(ウィーラ)

  • 599ユーロ
  • 最大40分間、時速15km/hで走行可能
  • 本体重量は驚異の2.7kg
  • 電動タイプは2017年の春から購入可能(足で蹴るタイプは既に購入可能)

公式HP:Wheela – the Scootbike(英語サイトです)

 

電動スクーターの道路交通法上の取り扱い

電動スクーターは道路交通法上では「原動機付き自動車」となります。いわゆる「原付(げんつき)」です。原付は車検がありませんが、公道で乗るためには、前照灯、尾灯、制動灯、方向指示器などの装置を備える必要があります。これに違反すると、整備不良車両運転等となり、5,000円の罰金となります。電動スクーターは自己の責任のもとで、適切な利用心がけましょう。